換気扇交換 業者

換気扇の交換業者は一括見積もりをして比較してから決める

換気扇交換業者

 

換気扇の調子がおかしくなった時は慌ててしまい、交換業者をすぐに呼んでしまうことがあります。この方法は悪いとは言えません。急いでいる時はそれでもよいです。業者にはいろいろな人がいて、良心的な仕事をしてくれる場合もあります。交換の費用も適切なもので高いと感じることはありません。このような会社に当たったら、満足できる交換になります。

 

ただし、時間的な余裕がある場合は一括見積もりを頼むことです。ネット上にはそのようなサイトがあり、複数の交換業者の費用の見積もりができます。いろいろな交換業者をくらべて一番安いところに依頼すれば、費用の節約が可能です。それほど差が出ないこともあるかもしれません。しかし場合によっては、1万円以上の差が出て驚くことがあります。このようなサイトを使うのは面倒なことではありません。求められている情報をフォームに書き込むだけです。3分以内に手続きは終わります。個人情報のことは注意しなければなりませんが、損害につながるようなことを書きこむことは求められないので安心してください。

 

どうして交換業者によって費用の違いが出るのでしょうか。いくつかの理由が考えられますが、まず仕入れの仕方によって変わってきます。新しい換気扇を仕入れる時に、間に別の会社が入れば仕入れ値が高くなるかもしれません。しかし、業者を入れないで製造元から直接仕入れるようにすれば、その価格は大幅に抑えられます。他にも価格の違いが出てくる要素があります。例えば、出張費を請求する交換業者もいます。それほど遠いところから来るわけでもないので出張費が必要になり、その分が総額の費用に加算されてしまうのです。このような会社は避けた方が良いかもしれません。もちろん適切な出張費を請求する交換業者も少なくありません。一番の理想は出張費をまったく請求しないところです。このような交換業者も一括見積もりのサイトだったら、容易に見つけることが可能になっています。

換気扇の掃除について

換気扇交換掃除

 

換気扇は入り組んだ構造になっているため、掃除をする際には最も手前に位置しているフィルターのみを交換する方が多いのですが、入り組んだ構造になっているからこそ汚れが細部にまで行き渡ってしまいます。そのまま入り組んだ箇所にまで行き渡ってしまった汚れを放置すると、手前のフィルターを掃除しても臭いが解消されないため、定期的に内部に至るまでしっかりと掃除する事が大切です。そもそも、換気扇の掃除が億劫に感じてしまう方が多くフィルターのみの掃除で終えてしまうのは、隅々まで掃除するための準備が手間に感じられてしまったり、作業が難しく感じられてしまう事が要因です。

 

しかし、換気扇は清掃やメンテナンスの事を考慮して予め各部品が取り外しやすいように設計されているので、整流板という板を取り外す場合も溝に沿ってスライドさせるだけで外せます。整流板をスライドさせて外す事ができたら、さらに内部にある換気扇の要であるファンを綺麗にするための準備をすべく、怪我を予防するための丸い金具を取り外していきますが、丸い金具に関しても指でネジを回すだけで外せますし、ファン本体も中央部に位置している金具を通常のネジとは逆方向に回すだけで容易に取り外せます。このように換気扇をくまなく掃除するためには設置されている状態で作業を進めていくのではなく、一度部品の一つ一つを取り外して個別に着手できるようにしましょう。

 

換気扇は調理による油が多量にこびり付いているためすぐに油分を除去する洗剤で洗いたくなりますが、まずは蓄積している油汚れと埃を不要な紙やティッシュを用いて取り除いていきます。埃や油汚れを取り除く一手間を行わなければ、洗剤を使用しても埃や油汚れと混ざり合ってしまい綺麗にする事が難しいので、手で汚れを取り除く一手間は怠らないようにしましょう、その後洗剤を吹きかけながら掃除をしていきますが、洗剤はアルカリ系の洗剤を使用するようにし、さほど汚れが強くなければ重曹や弱アルカリ性の洗剤でも構いません。"

 

換気扇フィルターについて

換気扇交換料金

 

換気扇には空気の入れ替えを行う役割があります。キッチンなどの空気には細かい油汚れが含まれることもあり、それは換気扇の仲へと入っていきます。直接的にプロペラ、ファンなどのところに油汚れが付くと壊れてしまう恐れがあります。そこで設置されているのがフィルターです。フィルターは空気を通しつつ、汚れなどを止める仕組みになっています。換気扇を壊れないようにするために欠かせないものではありますが、フィルターに汚れが溜まりすぎると空気が通りにくくなります。これは換気扇の性能が落ちてしまうことの原因となってしまいます。

 

フィルターが汚れた時には清掃することが有効となります。ただ、換気扇のフィルターは簡単に取れないように作られているので、基本的には分解する必要があります。分解の仕方が分からない場合には説明書などを読むのがおすすめです。換気扇が汚れているときはネジの部分に油汚れが詰まって外しにくくなっていることが少なくありません。そのため、先に表面的な清掃するのが有効です。油汚れは非常に強くついてしまっているケースが多いです。それゆえに強い洗剤が必要となります。また、清掃を行った際には水で確実に洗い流す必要があります。もし、洗い流すことが出来ていないと換気扇からの空気に洗剤の成分が混ざってしまいます。

 

どうしても汚れが取れない場合や汚れではなく壊れてしまっているという場合は換気扇自体を交換することも考えられます。最近では汚れが詰まりにくくなっているタイプもあります。そういったタイプへと交換することで掃除の頻度を減らすことが出来ます。ただし、汚れにくいタイプほど分解がしにくくなることに注意が必要です。フィルターを取り外しくなって、洗いにくいケースもあります。その場合であっても説明書を残しておきさえすれば取り外すことが出来ます。つい捨ててしないがちな説明書ですが、残しておくことで意外なことに役立つ可能性もあります。

換気扇の安全な使い方

換気扇交換費用

 

基本的に換気扇は安全に配慮されて作られています。それでも、過去には換気扇をつけっぱなしにしたことで火災が発生した事例もあり、できるだけ安全に気を付けて使うことは大切です。そこでここでは、換気扇の安全な使い方について詳細を見ていきます。まず換気扇には耐用年数があるため、あまり長い年月使用している場合は交換することが大切です。経年劣化したものを長くつけ続けていると、それが原因で火災が発生することがあります。基本的に耐用年数は10年程度と言われているため、10年に一度は交換するように意識しましょう。また、定期的なメンテナンスも欠かせません。特に耐用年数を超えて長く換気扇を使用している場合は、メンテナンスが非常に重要です。そしてその基本となるのが掃除です。油汚れなどが付着しやすく、長期にわたって放置すればするほど汚れがこびりついて落としにくくなります。そのため、定期的に掃除して衛生的に保つことが大切です。自分自身で掃除することもできますが、誤った掃除方法を繰り返すことで換気扇を傷つけたり変形させてしまうこともあります。汚れがひどい場合や自分だけで掃除することに不安がある場合は、専門の清掃会社に依頼すると安心です。

 

以上のように、こまめな清掃と耐用年数を確認し、適宜交換を行うことで安全に換気扇を使い続けることができます。加えて、次のような症状を感じた場合は故障する前触れかもしれませんので、注意するようにしましょう。

 

・普段とは違う変な音がする、振動が激しくガタガタと音を立てる。
・日常的に使用しておらず、久しぶりに使用する場合。

 

上記のような症状、もしくはそれ以外にいつもと違う症状に気が付いた場合は、すぐに換気扇のスイッチを切り、電源プラグを抜くようにします。その上で専門家に相談するようにしましょう。修理を依頼したり故障個所の確認をしてもらうことで、それ以降安心して使うことができるようになります。

換気扇の故障について

換気扇交換相場

 

突然換気扇の調子が悪くなってしまうと、キッチンでの作業に支障が出るので困るものです。調理の際に立ち上るニオイや煙を排出させるために欠かせないものですし、油を使った調理を行う時も換気扇が作動しなければ部屋中油でベタベタになってしまいます。また、キッチンで使用するという事でガス漏れが起こってしまった場合の事故防止にも重要な役割を果たすのが換気扇です。

 

日頃からきちんと手入れをしていれば、故障もしにくくなりますが気軽に手入れをすることが難しい場所に設置してあったり、ベタベタしたりドロドロになっているので触るのをためらってしまうかもしれません。また、それほど難しくはない場合もありますが、分解して掃除する必要もあるので機械が苦手な人だとそれも障害になるでしょう。ですから、あまり手入れをせず放置してしまい、気が付いた時には調子が悪くなっていたり突然回らなくなってしまう可能性もあります。調子が悪くなった時点で修理を依頼すれば、それほど費用も手間も掛からず簡単に直る場合もあるでしょう。完全に壊れてしまえば修理するよりも交換したほうが良いかもしれませんが、どちらにしても異変を感じたら早めに修理業者に依頼することがお勧めです。

 

依頼する業者を選ぶ際には、いつもお願いしている業者さんがいればそちらに頼むこともあるでしょう。しかし、一度も依頼したことがないのなら迷ってしまうかもしれません。そんな時は、ネットで業者を探すことも可能です。料金も分かりやすく提示してあり、まず見積もりをしてもらえば修理後にびっくりするような価格を提示される恐れもありません。また、交換しなければならない事態になった時は、自宅に最適な換気扇を勧めてくれるし設置に関して丁寧な説明ももらえます。換気扇も年々進化しているものですから、新しい機種に交換すれば今までよりも快適な環境を作り出すことができ、家事も楽しくはかどるようになるはずです。